リストブロックのフォントサイズを指定する方法

現在、Lightning Pro のブロックエディターにはリストブロックのフォントサイズを指定する機能がありません。

今後実装予定のようですので、期待して待ちましょう。

そこで、いまリストブロックのフォントサイズを指定するにはどうしたらよいかを書きます。

CSS でカスタマイズすればなんでもできるのですが、そこまでしなくても、[高度な設定][追加 CSS クラス] に Bootstrap 4 のクラス名を入力してフォントサイズを変更することができるんです。

以下のように h5 と入力するとフォントサイズが少し大きくなります。

リストブロックのフォントサイズを指定する方法

ここに h1 と入力するとフォントサイズがかなり大きくなります。

h5 ⇒ h4 ⇒ h3 ⇒ h2 ⇒ h1 とだんだんフォントサイズが大きくなっていきます。

small と入力するとフォントサイズが小さくなります。

フォントサイズを変更するだけでよいのであれば、このようなやり方もあります。

Lightning には Bootstrap 4 というしくみが組み込まれていて、上記の h5 や small は Bootstrap 4 のクラス名です。

「Bootstrap 4 クラス」でググるとたくさんのクラス名が見つかりますので、眺めていると役に立つのが見つかるかもしれません。

私がよく使う、おすすめのクラス名は mb-0 です。

段落のフォントサイズを大きくすると、段落間が空き過ぎることがあります。

そのようなときに mb-0 を使うと次のブロックとの隙間を小さくすることができます。

mb-0 は CSS の margin-bottom: 0; の指定に相当します。

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズは全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ