ブロックエディターで Bootstrap のグリッドシステム col-**-* を使う方法

グリッドカラムはとても便利だけど…

VK Blocks Proグリッドカラム は画面幅ごとにカラム数を指定できるのでとても便利でよく使っていますが、たまにブロック(アイテム)ごとに幅を変えたいと思うときがあります。

そのようなときは col-sm-6, col-md-4, col-xl-6 などの Bootstrapグリッドシステム の指定をブロックごとに使えばいいのですが、その前提として親要素にクラス row を指定する必要があり、それがちょっとした難題です。

親要素として使うのは グループ ブロックが最適ですが、グループブロックのHTMLソースは以下のように2重構造になっています。

グループブロックのHTMLソース

クラス row を指定したい場所は【1】なのですが、ブロックエディターの [追加 CSS クラス] で指定できるのは【2】です。

クラス row を【1】に指定する方法

そこで以下の JavaScript を組み込みます。

$(".bootstrap-row > .wp-block-group__inner-container").addClass("row").removeClass("wp-block-group__inner-container");

このプログラムにより、グループブロックの [追加 CSS クラス] に bootstrap-row が指定されると、子要素のクラス wp-block-group__inner-container が row に置き換わって以下のHTMLソースになります。

グループブロックのHTMLソース

この結果、グループブロック内で Bootstrap のグリッドシステムを使えるようになります。

グリッドシステムを使ったパターンの例

col-12 col-md-4 col-xl-6


col-12 col-md-8 col-xl-6


col-12 col-md-4


col-12 col-md-4


col-12 col-md-4


サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズは全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ